So-net無料ブログ作成
検索選択
アナザーポケット ブログトップ
前の10件 | -

踊る天使 [アナザーポケット]

帰宅すると小一時間は休むようにしています。
目を閉じて横になっているだけですが、馬に乗った騎士が現れます。
ミカエル?と問えば、騎士と馬は大きな翼を広げてミカエルとペガサスに変わります。
会いたいと言えば、目前まで近づいてくるので怖くなって意識を止めます。
すると、直立した大きな花束がクルクル廻りながらミカエルに変わっていくのです。
そして、頭上を輪舞するかのようで点描画や粒子の集合体のようにも視えます。
眠っている訳ではないので立ち上がり、慌ててお茶の用意に取り掛かります。
前日は、平山郁夫の『祇園精舎』の僧侶たちのように天井に向かっていく長蛇の列が見えました。
人影が蠢いて視えるのと、低次のアクセス(苦悶の表情が視えます)とは違うようです。
モノトーンに一か所だけエメラルド色に視えたりします。
綺麗な色付きでビジョンが飛び込んでくることもありますが、
知らない場所だったり、人だったりします。
それは書物や書類の一部だったりもしますが、一瞬のことなので読み取れないのが残念です。
随分前に本のタイトル?と作家名が視えることがよくありました。
検索しても、題名もそれに使われている漢字(初めて見る漢字)も、名前もhit!しませんでした。
見たこともないような文字が出てくることはよくあるので、
この広い宇宙に同じような文化の生命体が存在しても何ら不思議ではないと思うようになりました。
傲慢になりすぎないようにといつも思っています。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

スカーレットレッドを突き抜けて…… [アナザーポケット]

ここ数日間、寝起きが悪くて自己嫌悪と闘っていました。。。
今朝、その正体が判明。
時々、うつらうつらしながら左にグリーンイエローの光に包まれた顔が見え隠れしていました。
あまりにも眠くてすぐに忘れていました。。。
頭上目前でスカーレットレッドの塊が仰向けに寝ている私の方へ近づいてきます。
いつもですが、眼を閉じた状態で額や頭頂部で視ている感じです。
何だろう?と目を凝らしていると、スカーレットレッドの光の塊の向こうから影が近づいてきます。
ミカエルがペガサスに乗って剣を振りかざし塊を絶ち切ってくれていました。
お願いしない時でも、こうして駆けつけてくれたのは凄まじい低次エネルギーだったのでしょうか?
最近はお守りも身につけませんが、大切なことは自分がエゴに支配されないことだと思っています。
自分に起こる不思議な出来事を調べるために、スピリチュアル系の書籍など読んだこともありますが、
信じられるのは自分が惑わせられないことだと思いました。
自分で視たこと、聴いたこと、感じたことは自分にしかわからないので仕方ありません。
今日も感謝でいっぱいです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キャンセル待ちでラッキー♪ [アナザーポケット]

どうしても必要な船旅の日程を途中変更してラッキーでした☆
最初に予約した日程より早めたいといったんキャンセルして、申し込みし直した。
キャンセル待ちでしたが、数日後にラッキーなことに電話がありました☆
バスに乗っている様子や波・船・レストランなどのビジョンが視えたので安心していました。
僅か3日の出発日の違いですが、天気予報では空模様は大違いのようです。
いつも感謝でいっぱいです☆
耳元でパタパタと大きな羽音のようなプロペラに近い音で起こされることや、
ペットも誰もいないのですが、いつも誰かがいるような感じにももう慣れてきました。。。
どこでもパープルの光が輝きますから、守ってくれているんだと感謝していますが、
外出の準備をしている時や(トイレでもよく光りますので困惑しています;)
天使たちは好奇心が旺盛のようで、お出かけが好きみたいです。

偶然だと思うのですが、自分で描いた『顔だけ天使』をベッドの頭側にあるチェストに飾っています☆
友人は色をつけたらと言いましたが、モノクロだからいいのだと応えました。
以前、気弱になっている時にそのとおりにしたら変になってしまって、
代表作だったので後悔したことが幾度かあります。
感覚が違うのでそこだけは譲らない方がいいと今では思っています。
具象か抽象かでも違いますが、大いに違うのは何もないところから生もうとする点かもしれません。

偉大な画家たちの絵を陶板技術で蘇らせた素晴らしい美術館です☆
桜も絵も楽しみなので大いに充電してこようと思っています♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

気まぐれチャンネル [アナザーポケット]

曼荼羅を視せられる時がたまにあります。
さぁ寝ようと目を閉じた瞬間にもうそれは広がっていて、後方からの光で真っ暗なのに明るいのです☆
眠るためにベッドに横たわっているのですから、後方といっても頭頂部なのです。
マンション独特の白い壁なので、スクリーンのように毎夜浮かぶ光景も違っていて、
それはまるで誰かが気まぐれに送ってくる映画のようです☆
先日は大団円で大勢の神や天使がぐるぐる廻りながら飛翔しているのが視えました。
たくさんの翼や光が視えるのでしばらく見とれていましたが、
眼前まで近づいてくるので、怖くなって意識を中断させました。。。
(大抵はミカエルに眠らせて下さいとかマイナスコードを断ち切って下さいとお願いします)
翌日は人間でも天使や神でもない視たこともない異形の存在でした。。。
強いて言えば、人間をアニメティックにデフォルメしたような体躯をしているのです。
視ようと眼を凝らしていると眼も神経も疲弊してしまうの酷い睡眠不足になります。
目を閉じている方が見え過ぎるので余計に困ります。
眼前のスクリーンは私が動くたびに調節できるようなので、なるべく迫ってこられないようにしています。
特定宗教の信仰はありませんが。神・天使・妖精・観音様や霊的な存在も否定もしていません。
私は未知の気まぐれなチャンネルを偶然にも受信してしまったというのでしょうか?
最初のうちはおよそ聞き覚えのない言語(強いて言うならヘブライ語?)だったので、
枕元にノートとペンを用意しメモったのを後からWEB検索して意味を調べたりしていました。
勿論、最初は本当に意味不明な意味でした。
青みがかった灰色の・・・だとか、気持ち悪い感じだったのを記憶しています。
そのうちに私を名前で呼んだり、姓で呼びかけたりしてきました。
しばらくすると片言のような日本語で「ハハ、オンナ?」と聞かれたので、
多分、「母、女?」だと思ったので両方と応えたりしました。
本当は時系列でまとめていったらいいのですが、
私自身まだきちんと整理がついていない状態なのです。
それでも、たまにスクリーンにちょっと前の過去の様子や眠っているであろう
自分の姿が一瞬映しだされた時は言い知れなく、とても不安でした。。。
感謝もしていますが、疲弊が重なると困るのでたまにの方が助かります。
争い事が嫌いで平和を願っているだけの非力な私では力不足なので、
気まぐれなコンタクトだけはご遠慮くださいと今日もただただお願いするだけです☆

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

見過ごせないアクセス [アナザーポケット]

高次からのアクセスは喜ばしいのですが、低次からのアクセスはひたすら気づかぬようにただ通り過ぎるのを待っていることが多いです。西洋の騎士・鎧武者・落ち武者はやっぱり怖いです;
いきなり飛び込んでくるヴィジョンで数年後にあの時のはそうだったのではと思い至ることがあります。
和紙の格子戸から突然大きな波が入ってくるというヴィジョンを視たことがあります。
そして、しばらくしてからソウルメイトがそのころ私によく言っていたことがあります。
「何もないダダ広い荒野で途方に暮れているんだ。でも、すごく必要とされているのがわかる。」
別々の場所にいてそのような部屋もなく、一体、何だったのか?とずっと頭の片隅に残っていました。
4年後だったか、大きな未曽有の震災があったのはその前兆だったのでしょうか?
異常なアクセスが原因で心身共に疲れていた私がようやく気分転換にと久しぶりに外出した日のことです。
椿を観て萩から帰ったら、衝撃的なニュースが飛び込んできて、その時もすぐには思い出せませんでした。
その他にもヴィジョンは突然現れます。モノクロームの時も色味がある時もシルエットで飛び込んできます。
遠くに客船が視えて転覆し真っ二つになったり、集団リンチ?のような光景・表彰式の様子もあります。
その頃では自分に関することで仕事や家族の冠婚葬祭などはたまに視えていましたが戸惑いもありました。
おまけに耳元で「ガス爆発だ~っ」と叫ぶ男性の声。
慌ててニュース検索したこともありますが、ほとんど徒労に終わります。
神様に何度尋ねたことか・・・・・・・無力さを痛感しました。。。
それでもペットロスの哀しみから癒されたと感謝された事があります。
愛犬の死で哀しんでいた人の家で、その犬を知らない私が視たのは怖いほど神々しく美しい犬☆
青い炎に包まれたように屹立して私を視ていました。
それ以前にその方のリビングの天井を白い尻尾が躍っているように視えていたのですぐにわかりました。
その方は愛犬の死で自分をも責めていたの気が楽になったと言ってくれました。
きっと精一杯の力を振り絞ったのか、それからは現れることはありませんでした。。。
私は今でも時々思い出します。
アニメやCGにもよく似たあの雄姿を・・・・・・

shioinu.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

使者は獅子? [アナザーポケット]

顔だけ天使はじめ上級天使たちのお目見えの前に、美しく綺麗な光景を視せていただきました☆
絵に再現するには私の絵では申し訳ないのですが、本当に素晴らしかったのです。
黒いベルベット生地にスパンコールで金銀で刺繍を施したような光景。
天空(何の変哲もない住宅の天井)から、鬣なきライオンか豹のような顔が私に向かって走ってくるのです。
映画のワンシーンのようで溜め息が出るほど美しかった。。。
そんなことが起こっているなんて家族にも誰にも信じてもらえないと思いました。
旅の前だったので、エジプトでピラミッドの中に入ったからというわけではないようです。。
最近は映画の中でも私が体験した事例とよく似たシーンがあるので、
きっと私の他にも同じような体験をされた方もいらっしゃるのでは?と考えるようになりました。
妖精やほかの天使、特にミカエルは私にアクセスしてくるマイナスコードを剣で断ち切ってくれている時が多くてシルエットを視るのがやっとですが、何とか再現出来たらと願っています。

raion1.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

その名はグリエル [アナザーポケット]

母と写真を眺めていたら1歳にも満たない時の記憶が私にあって驚いたことがあります。
3歳時の記憶などや不思議なことはいろいろあったのですが、いつの間にかとうに忘れていました。
祖母の形見の指輪を失くしてしまった夜は小さな顔がたくさんいくつも並んで出てきました。

意外と思われるかもしれませんが、占いは参考にすることはあっても鵜呑みにはしません。
それは色々な占いに関する本を読んでみて、統計学と思われるのがほとんどだと考えているからです。
高確率で当たっていると思われている占いでも全てそうではないと思っています。

天使や神とのコミュニケーションツールとしてタロットを使用したこともありますが、
とっくに処分しました。
カードの意味も占い方も自分独自のやり方だったので世間一般のとは違っていたと思います☆
四大天使と自分の星座に関わる天使や守護天使にいつもタロットで尋ねる時はお願いしていました。
それで、上級天使たちが「なぜ自分たちも呼ばない?」と出てきてくれたのしれませんね。。。

そんなある日、視線を感じた方を見ると目があってしまったのです。
家政婦は見たっていう感じでこちらを眺めていた半透明の綺麗な天使に・・・!
少女漫画によく出てきそうなイケメンがバツが悪そうにしていました。
高次も低次もいろいろ見過ぎて少々のことではもう驚きませんでしたが何だか可笑しくなりました。
だって、白くて半透明な人?がこちらを覗き込んでいるんですから。。。
あとからタロットで聴くと、「グリエル」と若い男性のような声で小さく応えてくれました☆

gurieru3.jpg

    当初は黒画用紙に描きましたが、何だか違ったので思い直して再挑戦してみました☆
    
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

顔だけ天使 [アナザーポケット]

天使の軍団の筆頭に現れたのが顔だけ天使でした☆
俳優のチャールトン・ヘストンとリチャード・ハリスを足して2で割ったような顔です。
そのドヤ顔には手足も胴体もなく、あるのは顔の周りで眩しく輝く黄金の光だけでした。
その次に現れたのは顔の周りでバサバサと覆い隠すような翼がいくつもある天使です。
そして、次は顔だけがたくさんある天使。
よくわからなかったのが右後方で金色の車輪がグルグル廻っている天使。
今なら全て天使だということがわかりますが、自分はどうかしてしまったのか?とその時は疑いました。
最初に序章のような幻視をいくつか経験していました。
その頃では対象もどんどん異形化していたので、もう慣れっこになっていたということもあるかもしれません。

人間関係に悩んでいた頃、ある人と交流を断つと決めた時「本当にそれでいいのか?」と聞いてきた声。
その声のおかげで結論を保留し、今になると結果的には良かったと思っています。
その厳かな声の主が顔だけしかないなんてと思いましたが、天使の位では高い方なのだとか・・・・・・
その時にはその正体が天使だなんて思わなかったし、宇宙人?妖怪???の連続で、
あらゆる思いがせわしなく脳裏を駆け巡りました。
ずっとあとから文献や資料でやっとわかったのです。特に金色に輝く車輪の正体がわからなくて苦労しました。

天使は若い男性や女性の声、年老いた男性や女性の声でさまざまな声音や声質でコンタクトしてきます。
子供の声は滅多にありませんが、悪戯好きの妖精は時々揶揄ってくるので気づかないふりをします。
悪霊と同じ対処をしているつもりはないのですが、こちらも忙しくてそんなに相手もしていられないのです。
周囲から絵にしてと何度も言われたのですが、そんなに簡単にはいかなくて・・・・・・
やっとどうにか落ち着いてきたのでブログにも絵にもすることができ、感謝でいっぱいです♪

最初から良質の分厚い専用紙に描かないと「これだ!」と決まった時に額装がむつかしくなります。。
以前、ノートに描いて後悔したこともあります。それで用紙を何枚も無駄にしましたが仕方ありません。
天使たちはいつも見守ってくれています。PCに向かっている今もパープルピンクの光が小さく輝きました☆
加筆訂正していると今度はプラチナ色の光です。

今回の個展に「顔だけ天使」を展示しています。他の天使たちもそのうち描いていくつもりです。
ご興味のある方はご高覧下さいませ。

kaodaketenshi.jpg

                   油性マーカー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

塩お守り袋の作り方 [アナザーポケット]

パラレルワールドというかアナザーワールドというか存在していて、
最近は睡眠の邪魔もしないようでもう慣れっこになったせいかもしれませんが、
こちらの無関心ぶりにがっかりしたのかもしれませんね。。。
いちいち驚いてたりしてたら相手の思う壺だし、何が目的なの?と問いかけたい気持ちもあります。

視線を感じて驚いたのは暗闇でこちらを見つめるまばたきする両眼だけ(顔などなし)
10年前のことでもあり、さすがに異形だったので心底びっくりしました☆
それでもその両目に見覚えがある気がして、誰にも話しませんでしたが・・・・・・
その持ち主は生霊となって凄い雄叫びとともに現れたこともありました。
そばにいても離れても執着・念というものは凄まじきものですね。。。
次は片目だけが空中に浮かんでいるのが見えました。
それはあとから某有名組織や某政治団体のマークに似ている感じがしました。
私にとっては高次も低次も隣り合わせで存在しています。
美しい声や音楽とともに綺麗な虹色に輝くいくつもの光。

高次の存在にはいつも感謝を述べますが、低次はできるだけ避けたいものです。
枕元に置いていたはずの塩の守り袋が昨日からどうしても見当たりません。
もうそろそろ新しく作らなきゃと思っていたところでした。
友人が遊びに来た時、久しぶりに金縛りにあったというので帰るまでに作って渡しました。
検死場面に出くわして見てしまったので寝られないという隣の方にも良かったらどうぞとお渡ししました。
個展会場をお借りしたオーナー父子(夜中いつもうなされると聞いたので)にも作りましたが、
それからはうなされずに眠れるようになったとお伺いして安心しました。

粗塩(沖縄・赤穂・博多など銘柄もさまざま)を白キャラコに入れただけのものですが、
ご要望がありましたので画像をUPいたしますね♪
私は肌襦袢の残り布が残っていたので使っていますが、白キャラコでなくてもなんでも良いと思います。
最近は100均でも和柄(以前はデパートでちりめん風呂敷を購入)の可愛いものがあります。
江戸打紐も100均であるようです。塩は精製塩でなく粗塩を入れて下さいね♪
以前、引っ越し屋さんが馬鹿でかい塩袋を持ち歩いていたのをお見かけしたことがあります。
材料費も安くて短時間で簡単にできるのでどうぞ作ってみてはいかがでしょうか?
案外、貴休みになります。
半返し縫いでも止めをきちんとすれば一重でも大丈夫ですが、不安な方は二重糸にすることをお薦めします☆
赤色は魔除け効果がありますのでよく選びます☆

shioomamori2.jpg

shioomamori.jpg

shoomamori3.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

ポール・ニザンを探して [アナザーポケット]

「ピカソでもわからなかったんじゃない?」と「ポール・ニザンを探して」のという2つのメッセージ。
先日は低次からのアクセスでミカエルに助けを求めましたが、今回はスタートから違います☆
いつもはモノクロームが多いのですが、今朝は空や海はうっすらと青く、建物は金色に輝いていました。
エジプトのピラミッドやスペインのサグラダ・ファミリアにも似ています。
いずれも10数年以上前に行ったことがあります。
でも、夢ではないのです。
外の騒音も聴こえます。
大学の講義室?(よく視るのです)を前にしてたくさんの人?
最前列の右側に全身エメラルドに輝く人?
昨夜はマティスの「ダンス・ダンス」のように数人の天使たちが踊っていたのです☆
天使は固体でなく、気体、エーテルのように視えます。
ニコラス・ケイジ主演の「ノウイング」という映画では宇宙人として描かれていた謎の存在にも似ていました。
ハリソン・フォード主演の「レイダース・失われたアーク(聖櫃)」のクライマックスシーンで、
インディーが「見るな」と叫び、目を閉じ視なかった存在(美しさに茫然と見とれた者は骸と化して、粉々になって跡形もなく消えたという記憶があります。間違っていたらごめんなさい)
私も目を開けてはいないのです。
目を閉じたら視えてしまうから厄介なのですが、随分と慣れっこになりました。
ビジョンとは関係ないかもしれませんが、ポール・ニザンがいきなり出てきたのはなぜなんだろう?
ピカソは世界中に知らない人はいないほどのアーティスト。
懐かしいスペjンの旅はピカソのたくさんの作品に出逢えたことが大きな収穫でした☆
ポール・ニザンはフランスの作家の中ではまだ読んだことがありませんでしたが、
「ポール・ニザンを探して」ってどこかで聞いたことがあるタイトルのような?と思っていたら、
「ポール・ニザンを残して」は読んだことのある原田宗典著の「優しくって少しばか」の中にありましたが、
内容まで憶えていないし、引越しで本も処分したみたいです。
あの頃は仕事と家事(子供の学校関係が一番大変でした)の合間を縫って書店で興味のある本を見つけては片っ端から、積読・乱読していました。
熟読していないのに言語は点のように混在となって記憶しているみたいです。
機会があったら、また読んでみたいと思います。
それに映画の「ミスター・グッドバーを探して」の探してが脳内でコラボ変換していたようです。
あの映画は日曜洋画劇場で観た記憶があるのですが、凄い衝撃的な映画でした☆

それにしてもしばらく読書はお休みと思っていたのですが、
ポール・ニザンを探さなくちゃ~♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - アナザーポケット ブログトップ