So-net無料ブログ作成
検索選択

『リリーのすべて』 [シネマポケット]

以前、うっかりしていて『セラフィーヌの庭』を見逃した思いがあったので、
今度は忘れないようにと初日に観に行ってきました♪
高速バス往復3時間以上は時間的に正直しんどいのですが、近くのシネプレックスはここのところ観たい映画もなく、春休みを前にしてお子様向けオンパレードなので仕方ないですね。。。
今作のエディ・レッドメインは、『レ・ミゼラブル』の青年革命家でもなく、
『マリリン7日間の恋』(邦題ミス?と感じた映画でした)で演じた純朴な青年でもなく、
そこにいたのは男性の体で女性の心を持つわが身に苦悩しながらも前へ進もうとするリリーでした☆

夫が男から女へと変わっていくのを悩み苦しみながらも唯一の理解者であろうとし続けた妻も画家。
夫婦で同じ画家というだけでも大変なのですが、夫の苦悩する姿をそばで見るだけでも心が壊れそうなのに、
理解似努めようとしながら苦悩し、献身的に奔走する妻が痛々しい。。。
肖像画を描くために夫に協力させたのがきっかけになったのではないかと悩む妻。
もともと、リリーは自分の中にいたと応える夫。
何人もの医師の診断も現代だから違うと言い切れますが、その時代では難しいものでした。。。
ようやく一人の医師との出逢いが、希望をもたらすとともに、そのことが別れを意味するものでした。
今でこそ認知された感がありますが、性別適応障害に苦しみ、世界で初めて適合手術を受けた勇気ある画家。
絵が彼女を救ったと私は思いたいのです。。。
キャンバスに全てをぶつけたと・・・
リリーのすべてを・・・
そうでなかったら、彼女の方が壊れていたでしょう。。。
最初の手術に成功してリリーとなり、デパートで働く生き生きとした元夫に妻が「もう絵は描かないの?」と尋ねるシーンは、画家も本当に望んだことだったのか?と・・・思わず深読みしてしまいました。
女性としてまだまだ色々なことに挑戦したかったでしょうに・・・
トランスジェンダーと闘う二人の苦悩と愛が、観ているこちらまで苦しくて哀しくて切なくなる美しい映画でした☆
mmy010a.jpg

                 オールポスター用に最初に描いた絵
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。